« 28週後・・・ | トップページ | 爆 走 ! »

2010年6月24日 (木)

ジャン・ピエール・メルヴィル作品集

ジャン・ピエール・メルヴィル作品集 (2008年リリース/フランス盤)

$Cinema Note

音楽:クリスチャン・シュバリエ/フランソワ・ド・ルーべ/ミシェル・コロンビエ 他/全24曲

収録作品:賭博師ボブ/マンハッタンの二人の男/ いぬ/影の軍隊/サムライ/仁義/リスボン特急 他9作品
歌:グレンダ・レイ/イザベル・オーブレ

ジャン・ピエール・メルヴィル監督の作品から抜粋したオムニバス盤。
どの曲もいい意味で時代を感じさせる名曲ぞろいなので単体でアルバムを揃えるのが面倒という人にお薦めだが、特に初CD化の曲が目玉といえる。

「サムライ」「仁義」はCDアルバムがすでに出ているので今回嬉しいのは「リスボン特急」から3曲収録されたこと。
アラン・ドロン/カトリーヌ・ドヌーヴ/リチャード・クレンナ主演で音楽はミシェル・コロンビエ

「リスボン特急」主題歌(C'est ainsi que les choses arrivent)。21曲目/エンディング

歌っているのはイザベル・オーブレ
抜群の雰囲気を持った歌声と落ち着いたトーンのバック演奏が魅力的で、フランス語ならではの味わいもあります。
実はこの主題歌を目当てに買ったのですが、公開当時も本編に使用されたスコアが少ないこともあってシングルのみの発売。

ずっとCDになるのを待ってましたがここに収録されるまでずいぶん待たされました。

« 28週後・・・ | トップページ | 爆 走 ! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。