« サンダーボルト | トップページ | 夜の訪問者 »

2012年2月24日 (金)

ロンリー・プレイス・トゥー・ダイ

「ロンリー・プレイス・トゥー・ダイ」 A Lonely Place to Die
2011年/イギリス映画

A_lonely_place_to_die_poster

監督:ジュリアン·ギルビー
撮影:アリ・アサド
音楽:マイケル·リチャード・プラウマン

出演
メリッサ·ジョージ      (アリソン)
エドワード・スペリーアス  (エド)
イーモン·ウォーカー    (アンディー)
ショーン·ハリス        (ミスター・キッド)
アレック·ニューマン     (ロブ)
カレル·ローデン       (ダーコ)
ケイト・マゴーワン      (ジェニー)
ゲイリー・スウィーニー   (アレックス)
スティーブン・マッコール  (ミスター・マクレー)
ポール·アンダーソン   (クリス)
ホリー·ボイド        (アンナ)
ジリアン·マクレガー    (女性警官)

01

02

03

アイガー登頂をひかえ、スコットランドの高地へ登山トレーニングにやって来た5人のグループ。

04

タイトルテーマ

05

アリソン(メリッサ・ジョージ)は滑落アクシデントで軽い傷を負うが、常に危険と隣り合わせの世界だ。

06

次の日、休息をとっていると

07

エド(エドワード・スペリーアス)は何処からか聞こえてくる人の声に気づき

08

仲間を呼んで

09

声のする場所をたどっていくと

10

何やら空気口のようなものが地面から突き出ているのを見つける。

11

そこに誰かが生き埋めになっていると確信し、急いで掘り出すと

12

中には少女アンナ(ホリー・ボイド)が・・・

何者かに拉致されたようでひどく脅えている様子だが外国人らしく、言葉が通じない。

13

アリソンたちは緊急事態と判断し、二手に分かれて救助を求めに山を降りることにするが、

14

アリソンとロブ(アレック・ニューマン)のグループは絶壁にさしかかり、

15

降りる途中、ロブのロープが突然切れて

16

ロブが谷底へ転落!

17

さらに絶壁にとり残されたアリソンへは上から狙うように次々と石が落下してきて、ついにアリソンの頭部をヒット!

意識朦朧となったアリソンも転落するが、木の枝がクッションとなり運良く川へ落下する。

18

なんとか川辺に泳ぎ着いたアリソンがロブの遺体を確認すると、ロープには鋭利な刃物でカットされた形跡があった。

19

アリソンは再びエドたちのグループに合流してロブの死と自分たちが何者かに狙われていることを伝えるが

20

アンナを誘拐した犯人たちの銃撃に遭い、ジェニー(ケイト・マゴーワン)は眼を撃ち抜かれて即死!

21

アリソンたちは必死に逃げるが・・・

The Power of One (音楽:マイケル・リチャード・プラウマン)

22_2

24

最愛のジェニーを失ったアレックス(ゲイリー・スウィーニー)は子供をかかえていては逃げきれないと判断し、

25

アンナのダミー人形をかかえて自らオトリとなり

26

27

ジェニーのあとを追うように命をおとした・・・

D

29

アレックスの犠牲でアリソン、エド、アンナの三人は人里へ降り、地元の警察署に駆け込むが

28

折りしも町では祭りの最中・・・署内には人手がない。

30

手続きに手間取っている間に誘拐犯たちが迫る。

31

果たしてアリソンたちは逃げ切ることができるか・・・

F

32

33

35

-------------------------------

登山シーンも見所になっていてイーストウッドの「アイガー・サンクション」やスタローンの「クリフ・ハンガー」女性版みたいな趣きもある。

23

ヒロインを「トライアングル」メリッサ・ジョージが演じており、深くなってしまった顔のシワに中堅の貫禄が・・・

B

危険な登山シーンも部分的に本人がやってのけている(たぶんそうだと思う)箇所があったりして意欲たっぷりの絶好調ぶりがうかがえる。

C

他に「エラゴン」エドワード・スペリーアスが成長して大人びた姿を見せ

A

「スターダスト」ケイト・マゴーワン

E

「レッド・バレッツ」カレル・ローデンなどが脇をかためる。

ただ、全編山のシーンというわけではなく、後半は人里におりての展開・・・

34

ここでは画像での紹介を省きましたが、誘拐された少女と身代金を用意した被害者側、犯人との駆け引きやその真相などが後半で描かれてます。

これは誘拐事件と絡めたことでどうしても説明しなければならない部分なのかもしれませんが、特殊な環境下にあるため後半は少々こざかしさを感じてしまった。

単調にならないように工夫したようですが、逆に前半のテンションをペースダウンさせ、誘拐された少女の存在感が弱くなってしまった感じで個人的にはもっとシンプルな山岳サバイバル劇にした方が面白くなっていたかもしれないと思いました。

Alonelyplacetodie

予告編

36

« サンダーボルト | トップページ | 夜の訪問者 »

サスペンス」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロンリー・プレイス・トゥー・ダイ:

« サンダーボルト | トップページ | 夜の訪問者 »