« And Soon The Darkness | トップページ | ロンリー・プレイス・トゥー・ダイ »

2012年2月10日 (金)

サンダーボルト

「サンダーボルト」 Thunderbolt and Lightfoot
1974年/アメリカ映画

Thunderboltp

監督・脚本:マイケル・チミノ 音楽:ディー・バートン 主題歌:ポール・ウィリアムス

出演
クリント・イーストウッド (サンダーボルト)
ジェフ・ブリッジス  
   (ライトフット)
ジョージ・ケネディ       (レッド)
ジョフリー・ルイス       (グッディ)
キャサリン・バック      (メロディ)
ビル・マッキニー
ダブ・テイラー
ゲイリー・ビューシー
カレン・ラム

01

02

閑散とした大地に建つ小さな教会

05_2

集う民を前に 

06

穏やかに演説する牧師・・・

03_2

そこへ一台のクルマが乗りつけ、

04

ほこりまみれの怪しげな男が降り立つ。

一方、

07

中古車売り場へヒョコンと現れた若者は

08

09

試乗を装って

10

11

まんまとトランザム(ファイヤーバード)を奪う。

12

教会では

13

男がいきなり牧師へモーゼルを向けて乱射騒ぎに

14

牧師は弾をかわしながら一目散に逃げる

15_2  16

そこへ先ほどトランザムを奪った若者が通りかかり

17

18

牧師は強引にクルマへ飛び乗った

19

20

牧師はニセで名をジョン(クリント・イーストウッド)別名"サンダーボルト"と呼ばれる泥棒

21

若者はライトフット(ジェフ・ブリッジス)というチンピラだ。

22

二人はこんな縁で一緒に旅することに・・・

だが、モーゼルの男の仲間がサンダーボルトを付け狙う

23

レッド(ジョージ・ケネディ)とグッディ(ジョフリー・ルイス)
彼らはかつてサンダーボルトと一味だったが、強奪した金をサンダーボルトが持ち逃げしたとして追っていたのだ。

24

25

26

27

28

実は金を隠した学校のある場所には新しい学校が建っており、金は建物ごと姿を消していた。

29

とうとうレッドたちの銃口がサンダーボルトらにつき付かれるが、

30

かつての仲間のくされ縁・・・

31

彼らはもう一仕事手を組むこととなり、前回襲った金庫を再び同じ手口で襲撃するため

32_2

資金稼ぎにそれぞれニワカ職につく。

33

変装小道具や要の武器、トレードマークのキャノン砲などの準備も完了し

34

35_2

いざ作戦決行!

36

37

38

手荒ながら強奪成功

39

しかし、ちょっとしたミスで警官に追われ、

40

41

グッディが死亡。

42

レッドは裏切り、

43

サンダーボルトらを蹴り上げたうえ置き去りにして

44

金を独り占めして逃走するが

45

警察の包囲網に追い詰められて

46

47

逃げ込んだデパートの警備犬に噛み殺されてしまう。

48

サンダーボルトとライトフットはレッドの裏切りのおかげで逃げおおせたが

無一文・・・

Ce4

ところが、

49

偶然降り立った地で以前金を隠した学校を目にする。

50

どうやら建物ごとここに移されたらしい。

まだ隠した金が見つけられてなければ・・・・・・

51

黒板を外すと・・・

52

あった!

53

結果オーライ、大金ゲットだ。

54

高級オープンカーを買い

55

ドライブの途中・・・

56

どうもライトフットの様子がおかしい・・・

レッドに何度も蹴り上げられたことが致命傷になったようだ。

57

苦しそうな表情でとっておきの葉巻を分かち合い、

58

これからの事を嬉しそうに話しながら

59

60

ライトフットは息絶えた。

61

62

サンダーボルトは葉巻を折り棄て

63

ライトフットを乗せたまま車を走らせる。

64

主題歌"Where Do I Go From Here"
作詞・作曲:ポール・ウィリアムス

マイケル・チミノはこれで監督デビュー、後に「ディアハンター」で有名になるが、このころからいいセンスを見せていた。

65
あえて西部劇素材を現代にアレンジしたことをこの『風景』も示唆しており、サンダーボルトはじめ登場人物の素朴なキャラクターがいい味を出してます。

Ce2

イーストウッドはまさに絶頂期で同性でも惚れぼれするほどいい表情を見せます。

Jb

ジェフ・ブリッジスは新進若手俳優として売り出し中の初々しさが懐かしい。

Gk

ジョージ・ケネディは素朴な持ち味をフル活用。

Jl

ジョフリー・ルイスは人のよさ丸出しの憎めない悪人を好演。

他に

Bm

ヒッチハイクで出会うイカれた男に「アウトロー」ビル・マッキニー

Gb

庭師のあんちゃんに「バラクーダ」ゲイリー・ビューシー(まだ駆け出し時代です)

Dt

スタンドのおやじに「ワイルド・バンチ」ダブ・テイラー

Kr

バイカーねえちゃんカレン・ラム(後に「トラックダウン」で準主役)ら、ちょい役も印象深い。

封切当時、オールナイト上映で見ましたがこの雰囲気が深夜どきにピッタリでした。

« And Soon The Darkness | トップページ | ロンリー・プレイス・トゥー・ダイ »

アクション」カテゴリの記事

コメント

何度観ても面白い&傑作ですね

僕はディアハンターより好きですと言い切ってしまおう

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンダーボルト:

« And Soon The Darkness | トップページ | ロンリー・プレイス・トゥー・ダイ »