音楽

2010年8月16日 (月)

ケン・ソーン作品集 Vol.1

ケン・ソーン作品集 Vol.1
「女ガンマン皆殺しのメロディ」「ノートルダムのせむし男」

$Cinema Note

音楽:ケン・ソーン/全28曲(15+13)プロモ盤

$Cinema Note


--------------------------------------------------------------------------------

「女ガンマン皆殺しのメロディ」Hannie Caulder
1971年/イギリス映画

$Cinema Note


監督:バート・ケネディ

出演:ラクェル・ウェルチ   (ハニー・コールダー)
   アーネスト・ボーグナイン(エメット)
   ロバート・カルプ    (プライス)
   ジャック・イーラム   (フランク)
   ストローサー・マーティン(ルーファス)
   クリストファー・リー  (ベイリー)
   ダイアナ・ドース
   スティーヴン・ボイド



メインテーマ

悪党のクレメンツ三兄弟(ボーグナインイーラムマーティン)は銀行強盗の帰り、逃走用の馬を調達するため町外れの牧場を襲撃、あるじを殺し、勢いで妻ハニー(ウェルチ)をレイプし、家を焼き払って去っていく。
復讐を誓ったハニーはたまたま立ち寄った賞金稼ぎのプライス(カルプ)に銃の手ほどきを受けるが、些細な問答で仲割れしている間プライスはフランク(イーラム)を見つけるものの油断をつかれエメット(ボーグナイン)のナイフに倒れる。
仲間を失ったハニーは単身クレメンツ兄弟を追い詰め一人ずつ倒して復讐を遂げる。

というお話しだが、監督が古き良き西部劇に凝り固まったバート・ケネディだけに生々しい残虐さとストレートなレイプ表現を避けた演出のため、復讐の怒りが伝わらないのが最大の欠点になった。
悪党三兄弟の間抜けさ加減も少なからずマイナスの要素になった感じがする。
それらをウェルチの裸にポンチョスタイルで補おうとしたようだが・・・
まあ、辛うじて印象的なのはプライスがハニーに拳銃さばきを手ほどきするシーンで「怒りの荒野」や「ネバダ・スミス」に迫るものがあって実に紳士的なおもむきもあるのはイギリス映画に籍を置いたせいか?
途中から登場する銃職人ベイリーを演じたクリストファー・リーもちょっと面白く、ここで顔を見せる牧師を演じたスティーヴン・ボイドもクライマックスでハニーに助っ人する曲者です。


ウエスタンとは思えないようなこんな美しい海辺のシーンもあったりする。

味のある役者が揃っているだけに惜しいが、マイケル・ウィナーやペキンパーがメガフォンを取ったらかなり気合の入った映画になっていたかもしれない。

$Cinema Note

ケン・ソーンのテーマ音楽は哀愁と荒野を駆ける爽快さにあふれたウエスタンらしい曲で好きなんですが。


劇場用予告編

--------------------------------------------------------------------------------

「ノートルダムのせむし男」The Hunchback of Notre-Dame
1983年/アメリカ映画

$Cinema Note


監督:マイケル・タックナー
原作:ヴィクトル・ユーゴー

出演:レスリー・アン・ダウン
   アンソニー・ホプキンス
   ジョン・ギールグッド
   ロバート・パウエル
   ナイジェル・ホーソン
   ローランド・カルヴァー


こちらは有名なユーゴーの作品を映画化したものでアンソニー・クィンとジーナ・ロロブリジーダのキャスティング版があまりにもメジャーだったせいか日本未公開・・・
なので本編は見てませんが美しいテーマ曲がいいので紹介しておきます。
ちなみに監督は「爆走!」のマイケル・タックナー。


A Woman's Kindness

アクションテーマはちょっと「スーパーマン2 冒険編」的なフレーズをのぞかせつつ中世の風情を表現した王宮感覚や教会音楽をおり交ぜたソーンらしい豊富な音が楽しめて、本編が見たくなりました。

$Cinema Note


器用貧乏というか、あらゆるジャンルを無難にこなすソーンの才能はもっと評価されるべきだと思うのですがメジャー路線から外れて裏目に出てしまったようで本当に惜しい人です。

2010年7月10日 (土)

ワイルドアームズ

「ワイルドアームズ」Wild Arms
1996年/プレイステーションゲーム

$Cinema Note

音楽:なるけ みちこ/主題歌:渡辺 真知子
2枚組/全76曲(キングレコード/2006年リリース)

今回、サントラはサントラですがTVゲームのサウンドトラックです。

当時「ファイナルファンタジー」のリアルCG登場下であまり目立たなかったのですがコンビニで見つけ、『暇つぶしに』と買ったことがこのゲームソフトとの出会いでした。

ところが、キャラクターを活かしたシナリオの完成度もさることながら、さらに魅了されたのがそのバックに流れるこの音楽でした。


プロローグ1
2曲構成になっているデモのプロローグ音楽。
魔族の襲撃に成す術もなく退散する城主と衛兵・・・


プロローグ2
炎上する城を尻目にただ一人生き残り、余儀なく退却する主人公の一人ザックの悲痛な心境が表現されてます。

月日は流れ・・・


オープニングタイトル「荒野の果てへ」
ウエスタン風テーマがかっこいい。


アーデルハイド城
ここでトレジャーハンターに身をやつしたかつての衛兵ザックと渡り者のロディ、城主の娘セシリアが出会います。


荒野の渡り鳥
エンニオ・モリコーネの「続夕陽のガンマン」から”ゴールドのエクスタシー”をパロった曲。
新たな魔物の襲撃により城主を亡くし3人は打開の道へ旅立ちます。

$Cinema Note
 


町のテーマ
旅の途中で立ち寄る町の和やかな雰囲気。


ゼッドのテーマ
どこかのアニメソングからいただいたような懐かしい感じ。
ゼッドは敵側なんですがどこか憎めない・・・そんなキャラ。


世界にひとりぼっち
ただ一人、人間界に残り、いじめられながらも大切な植物を護る妖精の少女マリエル。
ロディたちの旅の重要なカギをにぎっています。


ジェーンのテーマ
ニール・ヘフティの「バットマン」「魔女っ子メグ」(はたまた「キューティーハニー」)を併せたアイデアに思わず笑ってしまいました。
カラミティ・ジェーンは大富豪の家に育ちながらも女トレジャーハンターとして執事マクダレンをしたがえて世界をかける「トゥームレイダー」のララ・クロフトのようなおてんば娘。
ちなみに”カラミティ・ジェーン”は実際アメリカの西部劇キャラとして”ビリー・ザ・キッド”や”バッファロー・ビル”に並ぶ定番の名前です。


港町のテーマ


バトル・マザー


バトル・ジーク
最後の戦い。


ここからはじまるプロローグ
戦いを終え、犠牲となった者に思いをはせる。


エピローグ
城に平和が戻り、凱旋する3人を迎える城下の民・・・
そして王女を引き継ぐセシリアと別れるロディとザック。

しかしセシリアはある決断をします。


フィナーレ
まだまばらに残る魔族を退治するため城を旅立つロディとザックをセシリアが待ち受けていて、また3人の新たな旅が始まります。

$Cinema Note
 

エンドタイトル「青空に誓って」
締めくくりは渡辺 真知子の歌う清々しいエンディングテーマ「青空に誓って」

$Cinema Note

音楽は なるけ みちこ

単なる添え物のBGMとしてではなくサントラ本来の役割としての完成度が高く、ゲームをプレイしながらも音楽に引き込まれていく自分がはっきりとわかるくらい魅力に溢れたものになっています。

軽い哀愁をおびたマカロニウエスタン風な曲をメインにかつてのアニメ音楽をパロった楽しい曲も盛りだくさんで多彩なアレンジの面白さがあきさせない・・・ゲームを超えたサントラ独自の世界を強く印象付けるすばらしいスコアばかりです。


最初は1枚もののアルバムとして発売されたのですが収まりきれなかった未収録曲を求めるファンの声はおさまらず、10年の時を経てついに2枚組のアルバムが再発されるというゲームサントラとしても異例の快挙。(それでもまだ完全収録には至ってません。)

そんな状況からもこの音楽に魅了された根強いファンが今もなお数多く存在することが推察できると思います。


ゲームグラフィックのクォリティはさておいても私はいまだにこのすばらしいシナリオと音楽を超えるドラマチックなゲームを知りません。

2010年6月24日 (木)

ジャン・ピエール・メルヴィル作品集

ジャン・ピエール・メルヴィル作品集 (2008年リリース/フランス盤)

$Cinema Note

音楽:クリスチャン・シュバリエ/フランソワ・ド・ルーべ/ミシェル・コロンビエ 他/全24曲

収録作品:賭博師ボブ/マンハッタンの二人の男/ いぬ/影の軍隊/サムライ/仁義/リスボン特急 他9作品
歌:グレンダ・レイ/イザベル・オーブレ

ジャン・ピエール・メルヴィル監督の作品から抜粋したオムニバス盤。
どの曲もいい意味で時代を感じさせる名曲ぞろいなので単体でアルバムを揃えるのが面倒という人にお薦めだが、特に初CD化の曲が目玉といえる。

「サムライ」「仁義」はCDアルバムがすでに出ているので今回嬉しいのは「リスボン特急」から3曲収録されたこと。
アラン・ドロン/カトリーヌ・ドヌーヴ/リチャード・クレンナ主演で音楽はミシェル・コロンビエ

「リスボン特急」主題歌(C'est ainsi que les choses arrivent)。21曲目/エンディング

歌っているのはイザベル・オーブレ
抜群の雰囲気を持った歌声と落ち着いたトーンのバック演奏が魅力的で、フランス語ならではの味わいもあります。
実はこの主題歌を目当てに買ったのですが、公開当時も本編に使用されたスコアが少ないこともあってシングルのみの発売。

ずっとCDになるのを待ってましたがここに収録されるまでずいぶん待たされました。